🌸🌸琵琶湖を笑いの聖地に🌿いにしえの都 大津に恋して💞少納言日記🌿🌸🌸

いにしえの都 近江大津宮🌿母なる琵琶湖、比叡山、そして歴史のまちでございます🌟大津の素晴らしさを紹介してまいります🌸

カメさん🐢と同行避難🎒もしもの時のために前もって準備しときましょ🌸🌟

f:id:syounagon:20210824172622j:plain

災害は忘れた頃にやってきます🌪

もしもの時のために、前もって準備しときましょ🌟

カメさん🐢についての避難を調べてみました。

とても詳しく書いてあるブログを見つけました💖

 

こちらです⬇︎ぜひご覧になってください🐢

リンク内記事引用🌟

【カメさんを同行させる場合】

① エサはストップ!

 カメさんなどの爬虫類は外気温の変化やストレスによって吐き戻しをする事が多いそうで、

掃除などの手間がかかる上に生態自身も非常に消耗してしまい危険なんだそうです

最低でも1週間は様子を見た方が良く、

MAXで一ヶ月はエサ無しで耐えられるとの事です

なので、非常品持ち出しリストから大量のエサは外しておいても良いかもしれません

 

② 水は大切!

水棲亀であってもなくても、カメさんであってもなくても絶対必要なのが水との事

エサをあげなくて良い分、より多い水の持ち出しが可能になりますね

ただ人間のように生水を飲んだら腹を壊すとかいうポンコツはカメさんにはいないと思いますので、

近隣の川や湧水ポイントなどをチェックしておくのもカメオーナーにとっては大切かも

また、

後述しますが浴槽に水を溜めてから避難するというのも得策なようです

 

③ 入れ物は軽くて風通しの良いものを!

同行避難に使えそうなのは「衣装ケース」「発泡スチロール」「保冷バッグ」あたりでしょうか

密封性の高い物は常に空気の通り道を確保してあげてください

覗き窓がついていたりポッケがたくさんある保冷バッグはオススメです

 

④ 移動中は暗く!狭く!清潔に!

カメさんは暗くて狭くて、常に肌に何か触れている状態が一番落ち着くのだそう

なので、移動中はカメさんを洗濯ネットなどに入れ、キャリーケースの隙間を丸めた新聞紙などで詰めてしまう方が大人しくなるそうです。

ただし、ウンチやオシッコなどのおもらしには要注意…!

長時間放っておくと自らの排泄物で自家中毒を起こし致命傷となるので、

こまめに取り換えられるよう複数枚用意しておく必要があるようです

洗濯ネットはオス同士のけんか防止にもなります

 

ニオイガメなどの完全水棲種は濡らしたミズゴケを隙間なく詰めると良いそう

 

逆に広いスペースに閉じ込めると、

恐怖で暴れたり脱出口を探して体力を消耗してしまうそうです

 

⑤ 温めない!冷やさない!

身体の小さなカメさんの為に保冷剤やカイロを大量に準備していらっしゃる飼い主さんも多いことと思います

が、非常時の日本のカメさんのベスト体温は23℃程度、若干代謝が低い状態が一番消耗が少なくて良いそうです。

したがって、

カイロを使うべき時は「真冬など、必要以上に冷やしたくないとき、超寒い日だけ!」

保冷材を使うべき時は「真夏など、温度を上げ過ぎたくないとき、超暑い日だけ!」です

特にキャリーケース内は狭いので急激な温度変化が予想されます

温度計などの持ち出しは必須のようですね

 

外国産のカメさんは、

元々生息している地域や生態に合わせた体温を維持してあげることが大切とも書いてありました

 

⑥ 人から見えない!人に見せない!

まだまだ人気の低い爬虫類であるカメさん

ワンちゃんネコちゃんよりもずっと激しい嫌悪感を示す方々は予想以上に多いようです

ワンちゃんネコちゃんの飼い主さん方も、

他の被災者さんに見えないように配慮してお水やエサを与える方が多いそうですが、

我々カメオーナーは影すら見せない・いることすら察知させない心構えが必要です


www.youtube.com

 

🎒カメさん🐢さんの非常持ち出し袋🎒参考にしてください🌸

💠保冷バッグ30リットル 

💠寿工芸マルチケースM 

💠アルミシート 保温 目隠しするときはきちんと空気穴も開ける 

💠ガムテープ 新聞紙

💠ペットシーツ  予備があると安心

💠ウエットティッシュ アルコールは少なめ 

💠水 500のペットボトル2本 

💠霧吹き 湿度を保つため

💠キッチンペーパー 新聞紙 

💠フード 環境の変化で戻すことがあるので要注意

💠温度計

💠カイロ または保冷剤など

💠洗濯ネット

💠タオル

💠カメさんの写真及び情報を書いたもの

 

【カメさんを同行させない場合】 

詳しくはリンクをご覧ください🌟とても丁寧に詳しく書かれております🐢

見出しを書き出しておきまする🌿

① 頑丈なケージを用意するか、飼育スペースの周りに倒れる物を置かない!

② ブレーカーを落とす!

③ 脱走注意!

 

④ 浴槽に水を溜めてから避難!近所の水場を把握!

⑤ 風通しと日陰を確保して!

[http:// ]